【ベガルタ】年度別成績まとめ(1999-2020)

スポンサーリンク
Sports

ベガルタ仙台はチーム設立から昨年で20周年を迎えました。

1988年に創部した「東北電力サッカー部」が前身にあり、1994年にクラブ名を「ブランメル仙台」に改称し、1995年に社会人リーグからJFLへ昇格。1999年にJリーグへ加盟したと同時に、チーム名を「ベガルタ仙台」と変更

Jリーグ加盟後はJ2とJ1を行ったり来たりすることとなりましたが、2009年にJ2リーグを歴代最多勝ち点106となり初優勝を飾りJ1へ昇格を遂げる。

2010年以降はJ1定着していき、手倉森体制となる5年目(J2含め)の2012年にはリーグ2位と大躍進。翌年初めてACLに参加しました。

その他の成績として、2017年にJ1通算100勝を挙げ、同年のルヴァンカップではチーム初のベスト4進出2018年の天皇杯ではクラブ史上初の決勝へ進み準優勝となった。

それでは、1999年(Jリーグ加盟)以降の成績をまとめましたのでご紹介します。

【参考元】
Soccer D.B.:サッカー出場記録データベースサイト
ベガルタ仙台 – Wikipedia

スポンサーリンク

年度別成績

リーグ戦成績

年度所属年間順位試合勝点
2020J117位342861018
2019J111位344112517
2018J111位344513615
2017J112位344111815
2016J112位344313417
2015J114位34359817
2014J114位343891114
2013J113位3445111211
2012J12位345715127
2011J14位345614146
2010J114位343910915
2009J2優勝5110632109
2008J23位427018168
2007J24位4883241113
2006J25位4877211413
2005J24位4468191114
2004J26位4459151415
2003J115位30245916
2002J113位303211118
2001J22位448327512
2000J25位405519219
1999J29位363110422

その他公式戦成績

年度所属Jリーグ杯天皇杯監督
2021J1手倉森誠
2020J1GL敗退不参加※2木山隆之
2019J1PO敗退4回戦敗退渡邉晋
2018J1PO敗退準優勝渡邉晋
2017J1ベスト42回戦敗退渡邉晋
2016J1GL敗退2回戦敗退渡邉晋
2015J1GL敗退ベスト8渡邉晋
2014J1GL敗退2回戦敗退グラハム・アーノルド
(-2014年4月)
→渡邉晋
2013J1ベスト8ベスト8手倉森誠
2012J1ベスト83回戦敗退手倉森誠
2011J12回戦敗退4回戦敗退手倉森誠
2010J1ベスト82回戦敗退手倉森誠
2009J2ベスト4手倉森誠
2008J24回戦敗退手倉森誠
2007J23回戦敗退望月達也
2006J24回戦敗退ジョエル・サンタナ
2005J24回戦敗退都並敏史
2004J24回戦敗退ズデンコ・ベルデニック
2003J1GL敗退3回戦敗退清水秀彦(-2003年9月)
→石井肇(代行)
2002J1GL敗退4回戦敗退清水秀彦
2001J21回戦敗退※13回戦敗退清水秀彦
2000J21回戦敗退※11回戦敗退清水秀彦
1999J21回戦敗退※12回戦敗退鈴木武一
→清水秀彦

※1:1999年~2001年までと2011年はトーナメント形式で実施。
※2:2020年天皇杯は新型コロナの影響で、大会概要変更し、J1からは上位2チームが準々決勝から出場

スポンサーリンク

2021年シーズン

STANDIN' SENDAI 杜の都から世界中を照らせ クラブ緊急支援プロジェクト再スタートのお知らせ
スポンサーリンク

2020年シーズン

チームスローガン
熱結 LINK to the FUTURE

リーグ戦:17位
勝ち点28 6勝 10分 18敗
勝ち点差-25 得点36 失点61

ルヴァンカップ:GL敗退
GL3位敗退(0勝0分2杯)

天皇杯:不参加
 ※新型コロナ感染拡大に伴い、大会概要変更
  →詳細はこちら

TOPICS
・木山隆之(前山形)が新監督に就任
・ユースから昇格したGK小畑が序盤戦活躍
・仙台出身の吉野が完全移籍
・赤崎、クエンカ、浜崎が完全移籍
・海外からパラ(ブラジル)、ゲデス(ポルトガル)が加入
・若手組加入、柳、山田、佐々木(復帰)が新戦力
新型コロナにより1節終了後、約4か月間延期
・中断中に主力のけが人が続出(クエンカ、マテ、松下など)
・過密日程とメンバー定着が不安定により未勝利が続く
・シーズン結果、ホーム17戦未勝利で終わる
・終盤戦で勝利が続き、ギリギリ17位という結果
・コロナも要因となりチームとしての経営状況が悪化
・サポーターからの支援を募るものの、選手不祥事により一時中止
・心配、不安、不信感も残り、2020シーズンが終了
・シーズン最多得点の長沢が大分へ完全移籍
・年代別代表にも選ばれた中盤の要、椎橋が柏へ完全移籍

8季ぶりに手倉森監督が復帰

スポンサーリンク

2019年シーズン

チームスローガン
ReVolution

リーグ戦:11位
勝ち点41 12勝 5分 17敗
得失点差-7 得点38 失点45

ルヴァンカップ:PO敗退
GL1位通過(3勝0分3敗)
PO敗退(2戦合計1-2 名古屋グランパス)

天皇杯:4回戦敗退
2回戦〇 4-1(FC大阪)
3回戦〇 1-0(カターレ富山)
4回戦● 1-2(V・ファーレン長崎)

TOPICS
永戸勝也がアシストランキング1位
・シマオマテの加入でDF陣強化
・シュミットダニエルが海外移籍(→ベルギー)
・ヤクブ・スウォビクが加入(←ポルトガル)
・新加入の長澤駿がチームトップの7得点
・渡辺晋監督の退任
・16年間仙台一筋の梁勇基の退団(→鳥栖)

スポンサーリンク

2018年シーズン

チームスローガン
Be STRONG 興せ、「シン」の力を

リーグ戦:11位
勝ち点45 13勝 6分 15敗
得失点差-10 得点44 失点54

ルヴァンカップ:PO敗退
GL1位通過(3勝2分1敗)
PO敗退(2戦合計3-4 湘南ベルマーレ)

天皇杯:準優勝
2回戦〇 4-0(ザスパクサツ群馬)
3回戦〇 1-0(大宮アルディージャ)
4回戦〇 3-2(横浜F・マリノス)
準々決勝〇 1(4)-1(3)(ジュビロ磐田)
準決勝〇 3-2(モンテディオ山形)
決勝● 0-1(浦和レッズ)

TOPICS
・阿部拓馬がKリーグから完全移籍
・板倉滉が川崎Fから期限付き移籍
・6シーズンぶりに関口訓充が復帰
・西村拓真が海外移籍(→ロシア(2018/9))
・クラブ史上初、天皇杯決勝進出
・菅井直樹が16年間の競技生活に終止符を打つ

スポンサーリンク

2017年シーズン

チームスローガン
Be STRONG 興せ、未来を

リーグ戦:12位
勝ち点41 11勝 8分 15敗
得失点差-9 得点44 失点53

ルヴァンカップ:ベスト4
GL1位通過(4勝1分1敗)
準々決勝〇(2戦合計5-4 鹿島アントラーズ)
準決勝●(2戦合計4-4 川崎フロンターレ)
※Awayゴールが上回られ敗退

天皇杯:2回戦敗退
2回戦● 2-3(筑波大学)

TOPICS
法政大の永戸勝也が新加入
・平山相太が完全移籍
・増嶋、石原直、クリスランが期限付き移籍
・3/18、第4節柏戦でJ1通算100勝達成
・リーグ途中に古林が加入、石川直が移籍
・チーム初のルヴァンカップベスト4
・西村拓真がニューヒーロー賞獲得
・野沢拓也が退団

スポンサーリンク

2016年シーズン

チームスローガン
Build Up 興 興せ思いを。走らせろ己を。繋げ力を。

リーグ戦:10位(1st:10位 2nd:12位)
勝ち点43 13勝 4分 17敗
得失点差-9 得点39 失点48

ルヴァンカップ:GL敗退
GL5位通過(2勝2分2敗)

天皇杯:2回戦敗退
2回戦● 2-5(グルージャ盛岡)

TOPICS
・ユースから小島雅也、佐々木匠が昇格
・高卒で常田、椎橋、大卒で差波が加入
・千葉から大岩、水野、清水から平岡が加入
・FC東京から三田がレンタル移籍
・前年から続き2ステージ制のシーズン
・クラブ史上初ハモンがハットトリック達成
・シーズン終了後ウィルソンが甲府へ移籍

※2015年以前の成績も順次まとめていきます。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。これからも「ほのぼのじかん」をよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました